バーストエンジェル 設定判別 推測要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

にほんブログ村 スロットブログへ

バーストエンジェル

設定判別 推測要素

 

CZ・AT初当たり確率

スイカ・チャンス目B出現率

スイカからAT当選率・高確移行率

BA 1

このようになってますが、それぞれ分母が大きいので難しそうな感じもしますが、設定1と6での差がそこそこあるので当然カウント必須。
スイカ・チャンス目BはAT中もカウント可能なのでゲーム数を重ねればそこそこ差は出てくるので、通常中、AT中ともに忘れずにカウントしましょう。
AT終了画面 水着背景 出現率
BA 2
出現した時点で、ほぼ設定6が濃厚になりますね。

設定6だけが突出していることと、意外と選択率が高く、ストックが1個でもあれば出現する可能性が十分ありそうです。
この手の判別要素は、大体、少しづつ設定差をつけて振り分けられていたり、6確画面が見れないくらいの無理な確率だったりするので、これに関してはバーストエンジェルの水着背景判別はかなり嬉しい要素ですね。
CZ中 規定ポイント到達後 ATストック当選率
BA 3
これは、ATストック数をはっきり知れる方法はないので体感的なものになりますが、設定差は大きいため、CZの期待度と、そのCZから当選したATが何セット続いたかなど見ながら参考にする感じですね。
なかなかわかりにくいので頭に入れておく程度で十分です。

 

 

 

 

 

~まとめ~
ちょっと推測要素が少ない気もしますが、かといって難しいわけではないとおもいます。
CZ・AT当選率は、設定差もそこそこあり、特にCZ当選率は初期の頃のエヴァのボーナス確率の数字に近い感じでなんとも絶妙。
恐らくこの数字だと体感的にはCZにポンポン入る感じがすると思いますね~。
他にも細かい要素も含めて設定差がつけられていて、単純に解析すると、「高設定ほどレア役が出やすく、CZに当たりやすく、ストックしやすい」といった挙動になるように作られていて、設定6は結構優遇されている感じ。
設定判別要素は少なくても、設定差がきっちり出玉に結びつきそうな要素なので、個人的には好きなスペックですね。
設定6を打ったことはないのでわかりませんが、この解析をみる限りでは、設定6は挙動的に別格感があると思われますね~。
演出面でちょっと・・・な機種ですが、設定狙いでは十分攻略できそうですね。

にほんブログ村 スロットブログへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください